ひなまつり

順天姉です。

今年も3月3日がやってきてしまいました。で、クリスマスツリーでも書いたけど、あるんだけど、飾ってない~という事態がひなまつりでもおきています(´Д`)

でも、娘はなぜかひなまつりは眼中にないので、飾って無くてもOKのよう・・・。

娘はハロウィンが大好きなので、部屋の中は年中ハロウィンです。

party1

ここにひな人形飾ってもな~(;^ω^)

ゴスロリが大好きなので、ファッションもコウモリだし・・・(~_~;)

koumorigirlお気に入りのコウモリファッション。

あまりにも使い過ぎてヘタってきたので、

もちょっとマシなものを買ってあげたのが↓のもの。

大阪の心斎橋にある、「BODY LINE」というところで買いました。ゴスロリのお店です。娘と一緒に入ってみたのですが、あまりにも世界がゴスロリだったので、娘は気後れしていまい、ゴスロリファッション買ってもいいよ・・・と言ったのですが、これでいい↓と・・・。今もお気に入りです(^-^;

koumori

そんな子なんで、ひなまつり、これまであまり縁がなく、ひな人形3回くらいしか飾ってない~^^;

ひな人形って、「雨水の日」に飾ると良い伴侶にめぐり合うと言われているそうです。
雨水(うすい)とは、二十四節気(にじゅうしせっき)の1つで、2月19日ごろなのだとか。またこの日から啓蟄までの期間も雨水というらしいです。

まったく私の代まで伝わってないな~この行事。調べて初めて知ったもん^^;

多分、順天母も知らんと思う(´ε`;)

順天母は忙しい人なので、これまた、ひなまつりだ~といってひな人形飾る人ではなかった・・・というところは受け継いだんですけどね~(;´∀`)

で、片付けるのに最適な日は、『啓蟄の日』なんですって。
啓蟄(けいちつ)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の1つで、3月6日ごろのことだそう。またこの日から春分までの期間も啓蟄というらしい。

これもまったく伝わってない~(;´д`)

で、多分、順天母は、ハロウィンのことなんて全く知らないと思う。

「ハロウィンてなんね?」と孫娘に聞きそうです(;^ω^)

まさしく、失われていく日本の伝統行事を目の当たりにしている、私世代!娘世代が望む行事とばあちゃん世代が望む行事がかなり違う!時代流れとるぅぅぅぅ。

私世代が伝えなきゃ、きっと娘の中にはハロウィンしか残らないんだろ~な~(;´Д`)

頑張れ私!

来年こそは~

と言う前に息子のこいのぼりがやってきそう((+_+))

長崎には伝統的に桃の節句は「桃カステラ」で、どっかのテレビ局が取り上げてくれたため?とても全国的に有名になって、この文化しばらく残りそうだけど、メディアが取り上げない文化は残っていかないのかな~(´・ω・`)それも問題だ~(._.)

桃の節句の由来は平安時代なんだとか。

平安時代の貴族が薬草を摘み、その薬草で体の穢れをお祓いして健康と厄除を願う「上巳の節句」が始まりらしいですが、

そこからひな祭りの起源とされる「流し雛」という文化へと発展。自分に降りかかる災厄を身代りに引き受けさせ、川に流して不浄を祓うというもので、今でもやってるところがあるらしい。

室町になるとひな祭りが定着し、豪華なお雛さまを飾って宮中でお祝いが行われるようになり、

江戸時代に、女の子の人形遊びである「ひいな遊び」と節句の儀式が結びつき、「ひなまつり」として全国に広まっていったということです。

多分、その間、経済活動などで、いろんなもんがひっついて今の状況になったのだと思うのですが、子どもらに「ひなまつり」は子どもの成長を願っているんだよ~という文化で、気持ちが伝わってないと、経済活動のために入ってきた異国の文化に負けるのでは~(~_~;)

なんだか文化継承がうまくいってなくて、すみません~って気持ちでいっぱいです(;_;)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA